読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kufsnkkの日記

NKKメンバーがお届けする、日本語教師の日々をつづったブログです。

【連載】海外で日本語教師 第3回 宇仁和人さん(マレーシア)

連載「海外で日本語教師第3回はマレーシアにある日本語教育機関をご紹介します。

紹介してくださるのはNKK会員の宇仁和人(うにかずひと)さん。

京都外国語大学フランス語学科卒業後、京都大学修士号を取得、

現在、マレーシアクアラルンプール市内にあるマラヤ大学大学院(博士後期課程)で、

母語としてのマレー語と漢語(普通話)を活用した日本語の漢字・語彙指導法」

をテーマに研究されています。

宇仁さんは学生というお立場ですが、

「NKKを通じ、マレーシアの日本語教育機関に興味のある方へ紹介できれば」

と写真を送ってくださいました。では、どうぞ^^

 

マラヤ大学の中にある日本留学準備学校 Ambang Asuhan Jepun (Gateway to Japan)の写真をお送りします。

f:id:kufsnkk:20140206183059j:plain

マハティール元マレーシア首相が推進したLook East Policyの一環として創設された

2年制の特別準備学校です。

【写真①~③】日本の無償援助によって作られ、今上天皇皇后両陛下、中曽根首相(当時)、海部首相(当時)がご訪問されたことがあります。

f:id:kufsnkk:20140206183122j:plain

④⑥Ambang Asuhan Jepun (Gateway to Japan)

⑤大学内の木々

マラヤ大学の本部ビル "Chancellery" (学長室を含む事務棟)

 

この学校(AAJ)は、マレーシア人の中でも、マレー系・先住民族日本の国立大学の学士課程に正規入学できるように、日本語と理数系の科目(日本の高校レベル)を2年間で教えています。 政策上の制約のため、マレー系以外の人々(中国系、インド系)はAAJに入れないようです。

AAJの先生方は国際交流基金が派遣しており、2年および3年ごとに替わる方が多いようです。

 

宇仁さん、ありがとうございました。

頂いたお写真がとても暖かそうな所で行きたくなりました。

AAJで教えるなら、日本語以外にも理数系の科目を教えることも求められるということがわかりました。⇒別のNKK会員の方より訂正をいただきました。

「理数系の授業をされるのは文科省から派遣される教科科目担当の先生方ですよ。現地の日本人教員団は教科教員と基金派遣の日本語専門家で構成されています。」

このような情報は本当に貴重ですね。

今後もマレーシアの情報を楽しみにしています^^